Aloha Aina ~ALOHA LIFE in KARUIZAWA~

kaaina.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 27日

旅の話 9

お別れのしるし

   9日目

ヴォルケーノからヒロに場所を移し、旅の最後の夜を過ごしました。
重くなりすぎてパッキングしなおした荷物をどうか重量オーバーにならないようにと心の中で
願いながら空港のカウンターで預け、搭乗ゲートをくぐりました。
(きっと、ギリギリセーフくらい・・・重かったぁ。)

朝一で降った雨がまだ滑走路を濡らし、広がる空の青と雲の白のコントラストが
きれいな朝でした。
これから乗り込むハワイアンエアラインの飛行機をガラス越しに
ぼんやりとみやり、ふっと見つけた虹。

c0172615_15394294.jpg


徐々にゲートにいるたくさんの人々が一人、二人と気が付き始め、みんなが窓辺に向かいました。
ハワイ島を発つすべての人を、いってらっしゃいと見送ってくれるように現れた虹。
最初はアーチの根元の部分しか見えなかったその虹が、少しづつ少しづつ空へ向かい
昇り始めました。
ここ軽井沢でもたくさんの虹を見ることができますが、
まるで自分の意志で手を伸ばすように、虹が空へと向かって立ちあがっていくその瞬間を見たのは
生まれて初めてでした。

思えば、今回の旅はたくさんの出会いと偶然、喜びや恵みにあふれた旅でした。
こうしてハワイを発つ最後の日に、とびきりの贈り物を得られたことは
私の心の中にずっと残ると、そう思います。

訪れた人の心を満たして、次の旅へと送り出してくれる場所。
それがHawaiiです。


~これで旅のお話は終わります。お付き合いくださった皆様ありがとうございます~


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-27 15:48 | Hula / Hawaii
2009年 01月 24日

旅のお話 8

通り過ぎた景色

   8日目

この日は午前中からヒロのダウンタウンまで下ってみることにしました。

山の天気は変わりやすいものの、車が走り出すと大粒の雨が。。。
時折、バケツをひっくり返したような激しいスコールが降ったかと思うと
しばらく走るうちに晴れ間が見えたり。
あまりの雨の激しさに道路は白く煙り、前の車さえ確認できないほどの激しさでした。
上空にはそこらじゅうに小さな雨雲が点在していたんでしょう。
降ったり止んだりのドライブを続けるうち、そういえばハワイにきてまだ一度も
虹を見ていないことを思い出し、車を運転する先生に話しかけました。

そういえば、そうね~。
なんて先生が口にした瞬間。

激しいスコールのトンネルを抜け、目の前に現れたのは大きな虹。
なんて素晴らしいタイミング!!!
その虹は絵に描かれるようなアーチ状ではなく、帯の様に幅広く横に伸びた虹でした。
もしかしたらBig Islandに架かった大きな大きなアーチの一部だったのかもしれません。

車は一瞬にして虹の下をくぐり、またスコールのトンネルに入って行きました。


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-24 14:34 | Hula / Hawaii
2009年 01月 19日

旅のお話 7

Lei making with wild flower

 7日目

朝ごはんを簡単に済ませ出かける準備をしてコテージの外にでると、
空に向かい高く伸びる木には、赤いレフアの花が咲いていました。
前日の夕方に到着し、夕闇のなかに沈み込み見えなかった遠くまで広がる大地と空。
改めてBig Islandに来たことを実感しました。

この日はクム・メレさんのお宅におじゃまし、先生がフラのレッスンを受けることになっていました。
付き添いで行った私を心配して、メレさんがお昼を食べたらレイを作りましょうと提案して下さいました。
メレさん手作りの野菜たっぷりのランチをご馳走になり、スーパーのビニール袋を手に
外へ出ました。
道路の両脇にはたくさんの植物が群生しており、どのお花のどの部分を摘むのか教えてもらうと
私たちは気ままに草花を摘み、あっという間に袋はいっぱいになりました。

摘んできた花をまずは種類別に分け、綺麗に使える大きさに整え、自分の好きな順番に編み込み
それを繰り返すという作業でした。
花とも草ともつかないその植物で編んだレイ・ポオは、何とも表現できない独特の色合いで、
自然のなかにあるありのままの美しさを見せてくれました。

c0172615_14132096.jpg


その後、先生と私はヴォルケーノの一帯をドライブして回ることにしました。
本格的に見て回るならきちんとトレッキングの装備をして、防寒対策をして火口近くまでの
ルートがあるはずですが、ガスの発生や風向きなどの影響もあるのでしょうか・・・
色んな箇所が通行止めになっていました。
それでも時折、車を止めて大きなクレーターを見たり、レフアの写真を撮ったりすることが
できました。

c0172615_14303396.jpg


c0172615_14335682.jpg


溶岩が流れのままに固まり、自然が作り出したシルバーグレーの大地には、
会話ができないほどのゴーゴーという風が唸り声を上げて、体にまとわりつきました。
遥か昔、ここを訪れた人々が神の存在をここに認めたのも納得が出来るような、
そんなエネルギーを感じました。
体の奥がぞわっとするような強い力、自分自身の生命力と強い意志がなければ
その唸る風によって体ごと浚われてしまう。
まるで、その唸り声にどう生きるかを問われているようでした。


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-19 15:03 | Hula / Hawaii
2009年 01月 19日

旅のお話 6~続~

今回ハワイ島まで足を延ばしたのは、ハワイ島ヴォルケーノ在住の
クムフラ・メレさんを訪ねるため。

広大な土地での交通手段はレンタカーを借りるしかなく、ヴォルケーノのメレさんのお宅までは、
迷うことができない一本道だったのですが、日も暮れた頃では不安だろうとヒロの空港まで
ご主人と共に出迎えて下さいました。
その後、メレさんのハーラウに所属する生徒さん2人と合流し、近くのイタリアンレストランで
みんなで食事をしました。

驚いたのは、お野菜が新鮮でとても美しく、美味しかったこと。
ワイキキではこれほどイキイキとしたお野菜に巡り会えなかったので、
大地の恵みを思う存分に、お腹がはちきれそうになるほどに堪能しました。

c0172615_010454.jpg




c0172615_0104967.jpg

メレさんは日本でもフラを教えており、だいたい月に一度は来日しレッスンをしている
とても忙しい方です。
去年・軽井沢の大賀ホールで開催されたフライベントにも参加し、優雅なフラを披露してくださいました。
とても嬉しかったのは、フラの発祥の地でもあるハワイ島ヴォルケーノに生まれ育ち、
自然豊かなエネルギー溢れるこの土地で暮らす彼女が、"軽井沢が大好きなのよ"と
言ってくれたことです。
"美しい山があり、空気がきれいで、パワーがある。それはヴォルケーノにとてもよく似ている"と。
土地土地には必ずエネルギーが存在し、そのエネルギーが大地を浄化したり
そこに暮らす人々を豊かにする。
軽井沢とハワイ…私が考える共通する魅力。
それは大地の持つ力。
そう思っていたからこそ、彼女の言葉は軽井沢に生まれ育った私にとっては
特別な贈り物でした。

食事を終え、宿泊先のキラウエア・ヴォルケーノ・ミリタリー・キャンプに戻ると
周りには明かりを灯すものは何もなく、360度頭上に広がる夜空には
零れ落ちるほど無数の星が煌めき、黒い闇に木々のシルエットを映し出していました。

そして一瞬、長く尾をひいた流れ星。
満たされた夜でした。


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-19 00:46 | Hula / Hawaii
2009年 01月 09日

beer time

beer time at Volcano

c0172615_15241567.jpg


Aloha
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-09 15:24 | photo gallery
2009年 01月 09日

旅のお話 6

オアフからハワイ島へ

 6日目

今回初めて訪れるハワイ島。

夕方の飛行機の時間まで、半日と少し。
フラ三昧で過ごしたワイキキは、毎日スケジュールいっぱいで気がつけば
自分のお土産すらまだ買っていませんでした。
そこで先生と私はショッピングを楽しむべく、チェックアウトを済ませホテルにスーツケースを預け、
準備万端で買い物に出かけました。

効率よく買い物するために私たちは待ち合わせ時間を決め、それぞれ別行動をとりました。
先生のお誕生日だった昨日は、クロージングコンサートでホテルに帰ったのも夜遅く、
お誕生日のお祝いができなかったのが心残りでした。
そこで私はお気に入りのショップに立ち寄り、先生が身につけているパールのブレスレットによく似た
グリーン系のパールのピアスと女性アーティストの描いた多彩な絵を選びラッピングして貰いました。
先生と合流し、あそこのお店はこんなものがあった、こんなかわいいものを買ったと
お互いの収穫を報告し合いながらホテルに戻りました。

"買った物、スーツケースに入れちゃいたいですね。"
"でもホテルのロビーで荷物を開くのなんて日本人くらいですよね"
なんて話しながら行くと、いました!!!
白人さんのご夫婦が立派なスーツケースを2つも広げ、パッキングしなおしています。
先生と顔を見合わせ、"それでは私たちもと・・・"
お隣にスーツケースを広げました。

用意したお誕生日プレゼントを先生に差し上げると、ブレスレットと相性がピッタリねと
とても喜んでくださいました。
すると、にわかにお隣のご夫婦がざわつきだし女性がひざまずいてソファの下を見たり、
旦那さんに何かぶつぶつと呟いたりしています。
どうやら何かを探しているようです。
"何を探しているの?"と尋ねました。
探すことに夢中になっているのか、独り言のように呟いた彼女の英語をはっきりと
聞きとることができず、それが何かは分かりませんでしたが、私もとりあえず一緒に探すことに
しました。
ソファは大きく幅広で動かすことができそうにありません。
下を覗き込んでも暗くて何かが落ちている様子もありません。
でも彼女は絶対に落ちたのよ。こっちの方なのよ。といいます。
そして、私たちがパッキングをしているソファの下を覗き込みました。
"あそこに、ほら!"
一緒にのぞき込んだソファの奥の方に小さなカードらしきものが見えました。
ぽっちゃりと大柄な彼女ではソファの下に手を伸ばすことができず、もちろん上の隙間から
手が入るわけもなく。
4人の中で一番小さな私が、私なら・・・と手を伸ばしました。それでも届かず。
自分の荷物の中からいらなくなって折りたたんであった紙袋を取り出し、それにひっかけて
ようやくその小さなカードを彼女に渡すことができました。
それは、日本人の免許証くらいの小さいIDカードのようなものでした。

彼女はありがとうとお礼を言うと、自分の荷物の中から何かを取り出し
手渡してくれました。

それは真っ白な小さな天使でした。
花嫁のような白いドレスにバラを抱き、ビーズのティアラをつけ、レースの大きな翼を
携えている天使。
彼女が手作りしたそうです。

私は思いがけず、出会えた天使に嬉しくなりました。
壊さないよう、そっとバッグにしまい天使と一緒にハワイ島に旅立ちました。


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-09 15:07 | Hula / Hawaii
2009年 01月 05日

新年のごあいさつ

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年も何卒宜しくお願い致します。

2009年が皆様にとって、笑顔あふれる一年になりますよう。
Aloha!!!

c0172615_15391848.jpg



c0172615_15401667.jpg



Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-05 15:42 | greetings