「ほっ」と。キャンペーン
2008年 10月 05日

Chain Of Flowers

大賀ホールでのステージが終わった。
2年前初めてステージに立った時は、ほんの10数人。
今年の私たち最後の舞台は総勢30人を超す大人数で、ハラウから参加したみんなが
先生とともに同じ舞台を踏んだ。

Hulaをやっていていつもみんなが持ち続けている気持ち。
それは先生に、そしてこのみんなに出会えてよかったと思う感謝の気持ち。

極度のあがり症で人前で話すのも苦手な私が、なぜステージに立つのか?
その答えは単純で、”みんながいるから” ただそれだけ。
同じ時間を過ごし、ともに笑ったり、時には涙したり。
時間を分かち合うことは、気持ちを分かち合うことと同じ。
みんながその時間を愛おしく思っている。
それを感じるからこそ、”みんなで踊りたい” そう思える。

私達フラガールは花の首飾りのように繋がっている。
それぞれ個性があり、好みも違えば、生活環境も違う、そして年齢もバラバラな私たち。
丁寧に摘み採られた色も形も違う花が、一つ一つ編まれ、繋がり、いい香りを漂わせる
ずっしりと重みのあるLei になる。
それは一つのハラウが出来上がるその過程とよく似ている。
そして、私たち一輪ずつの花をつなげてくれるのが、先生でありHulaへの想い。

こうしてHulaを通し、素晴らしい仲間に出会えたことを本当に幸せに思う。

c0172615_13281710.jpg



Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2008-10-05 13:34 | Hula / Hawaii | Comments(0)


<< ええっ!?      Hand in Hand >>