2009年 01月 27日

旅の話 9

お別れのしるし

   9日目

ヴォルケーノからヒロに場所を移し、旅の最後の夜を過ごしました。
重くなりすぎてパッキングしなおした荷物をどうか重量オーバーにならないようにと心の中で
願いながら空港のカウンターで預け、搭乗ゲートをくぐりました。
(きっと、ギリギリセーフくらい・・・重かったぁ。)

朝一で降った雨がまだ滑走路を濡らし、広がる空の青と雲の白のコントラストが
きれいな朝でした。
これから乗り込むハワイアンエアラインの飛行機をガラス越しに
ぼんやりとみやり、ふっと見つけた虹。

c0172615_15394294.jpg


徐々にゲートにいるたくさんの人々が一人、二人と気が付き始め、みんなが窓辺に向かいました。
ハワイ島を発つすべての人を、いってらっしゃいと見送ってくれるように現れた虹。
最初はアーチの根元の部分しか見えなかったその虹が、少しづつ少しづつ空へ向かい
昇り始めました。
ここ軽井沢でもたくさんの虹を見ることができますが、
まるで自分の意志で手を伸ばすように、虹が空へと向かって立ちあがっていくその瞬間を見たのは
生まれて初めてでした。

思えば、今回の旅はたくさんの出会いと偶然、喜びや恵みにあふれた旅でした。
こうしてハワイを発つ最後の日に、とびきりの贈り物を得られたことは
私の心の中にずっと残ると、そう思います。

訪れた人の心を満たして、次の旅へと送り出してくれる場所。
それがHawaiiです。


~これで旅のお話は終わります。お付き合いくださった皆様ありがとうございます~


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2009-01-27 15:48 | Hula / Hawaii


<< 浅間山      旅のお話 8 >>