「ほっ」と。キャンペーン
2008年 12月 10日

旅のお話 5 

~International Waikiki Hula Conference 3日目~

5日目

コンファレンス最終日
楽しみにしていたクム・カレオ・トリニダッドのクラス。
オアフにハーラウを率いる彼はメリー・モナークでも上位でお馴染みとなっています。
"男性は男性らしく"、"女性は女性らしく"というスタイルをとる彼の踊りは
飾り過ぎたtoo muchな感じはどこにもなく、爽快でいてしなやかな印象。

受けたのは初級カヒコ "Ke Ha'a La Puna"
"Ke Ha'a La Puna"は、ハワイ島プナ地方のナナフキという場所で、ホーポエがはじめてフラを踊ったという内容の歌。
ホーポエは、火の女神ペレの妹、Hi'iaka: ヒイアカの親友。

まずはみんなで歌の意味を理解し、チャントをできる限り歌えるようにクムの後に続き繰り返しました。
充分に時間を使い耳でリズムを覚えてから踊りに入りました。
体の重心を低く保ちながら踊るカヒコは、優雅にしなやかに表現力豊かに踊るアウアナとは違い、
厳粛さや迫力があり、何よりもエネルギーを感じさせるものです。

繰り返し繰り返し行われる練習もすべてクムが自ら歌い、最後には練習用にと
声を録音させて下さいました。
クム・カレオ・トリニダッドの声は本当に素晴らしく、堂々とした迫力のなかにも
穏やかさと優しさが含まれており、いつまでもいつまでも心に残る声でした。


レッスンの終わりクムから、こうして世界中からフラを愛する人が集まり同じ時間を
分かち合えたことに感謝しているとの挨拶がありました。
フラを踊る日本人の多くにとって、クムは手が届かない憧れの対象のような大きな存在であり、
常に敬意を払うべき存在。
けれど、フラを踊る仲間を"Hula Sisters"と呼んだり、"Ohana"(家族)と呼んだりするのは、
教える立場にあっても教わる立場にあっても、常にお互いを尊重し、手を取り合える仲に
あるからだと思います。
同じ思いや時間を共有し、人と繋がることの大切さを知ることでようやく"Ohana"になっていく。
生まれた瞬間から存在する家族ではなく、自分が作っていける家族・・・
それが"Hula Sisters" であり"Ohana"なんだと思います。

決して飾った言葉ではなく、ただそこに存在するだけで何か教えや導きを与えられる。
そんな影響力のある素晴らしいクムでした。

mahalo nui


・・・つづく・・・


Aloha Aina
[PR]

by aloha-aina-life | 2008-12-10 17:45 | Hula / Hawaii | Comments(0)


<< 旅のお話 5 ~続~      Beautiful Moments >>